2022年12月27日(火)開催
事務所、年齢、国籍、業界、全て不問、真の実力だけを求む!

演技発表会・映画上映会・俳優トークショーを通して俳優とは何かを考える1日

  事務所の力によって、キャスティングが決められる日本の芸能界の現状を憂い、この映画祭を開きます。本来、俳優とは事務所の操り人形のようなタレントではなく、「人が存在する」ことを考える哲学者に似た存在であるはずです。

   俳優とは「人に非ざる優れた者」と読めるように、この国の神事を担うなど、本来は崇高な存在でした。が、いつしか、「河原役者」として卑下されるようになり、人々は俳優の存在を低く見るようになりました。

 だが、この国を物語れるのはこの国の俳優なのです。俳優の顔、仕草、それ自身が国や民族の象徴として働くのです。俳優はそれだけ崇高な存在です。だからこそ俳優を軽んじる国は文化的、国家的危機に必ず陥るでしょう。

  この映画祭はそのことをもう一度、振り返り、「俳優」とは何かを考える一日です。そして、長年修練してきた貴方の実力を一年のしめくくりにぜひ発表していただきたいのです。

応募要項

第一次審査

課題

 貴方は無実の罪で刑務所に三十年間入っていましたが、本日、出所しました。目の前には貴方の好きな食べ物が置かれています。その時、貴方はそれをどの様に食べ、飲むでしょうか?

Youtube等に課題を演じた映像をアップし、下部にある応募フォームにそのURLを張り付けてください。
映像の撮り方:自由です。ただし、ご自身の演技力が分かるように撮影してください。
応募期限:2022年10月15日(土)
本課題選定理由:数々の名優たちが演じ、且つ、俳優の持つ想像力が最も映し出される場面であるため。

審査通知

通過有無のご連絡:2022年10月末頃を予定

演技発表会(2022年12月27日)

発表内容

 一次審査に通過された方に課題を2つお伝えし、それを舞台上で演じていただきます。
審査員:ベテラン俳優、海外の映画監督、プロデューサー、映画ジャーナリスト等

最優秀賞:主催者によるバックアップ及び自主映画出演権を付与。

*映画祭終了後、日本のみならず世界で認知されるようにバックアップする。 
*ただし、往年の日本映画俳優を基準とするため該当者無しの場合もある。

場所:武蔵野スィングホール(東京都武蔵野市境2-14-1  JR武蔵境駅北口よりすぐ)

時間:映画上映会、俳優トーク終了後の15時頃より

当日の模様は撮影して、映画祭のホームページやyoutubeにアップします。ただし、相談可能です。

映画祭プログラム

観賞・観覧ご希望の方は入場料1000円 

* 会場にてお支払いください。

場所:武蔵野スィングホール(JR武蔵境駅北口よりすぐ)
日時:2022年12月27日(火)10時開場 

プログラム①

 俳優が見る価値のある映画作品の上映
10時半~

本年度は「幕末太陽傳」を予定しています!

プログラム②

実力派俳優によるトークとQ&A
13時~

              

               * 登壇者が決定次第、随時アップします。

プログラム③

演技発表会(上記①、②終了後)
15時~

                * 審査委員 リム・カーワイ監督、他

最優秀者への特典

自主映画出演権付与

 来年度に撮影予定の自主映画に出演。
 ただし、作品性が重視されるため、必ずしも主演ではない。

認知度アップのためのバックアップ

国内、国外での認知アップのために主催者がバックアップ。

ネットワーキング

映画、テレビ、アニメ、舞台、出版など垣根を越えた出会いを提供する。

東京都武蔵野市境2-14-1

お問い合わせ

[主 催] パブリックアーツ

Email:gukoukun@gmail.com

私たちは、「市民がエンタメを盛り上げる」をコンセプトに国内外で活動しています。
大手メジャーの作り方だけでなく、第二の出口を作ることを模索してます。
近年では「長谷川和彦特集上映」を主催しました。